国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

キラリ卒業生
社会で活躍する名工大卒業生

キラリ卒業生 社会で活躍する名工大卒業生

世界がアッと驚く新素材の研究開発中!!

住友化学株式会社
基礎化学品研究所 勤務

大松 一喜(だいまつ かずき)

材料工学科 平成15年度卒業
物質工学専攻 平成20年度修了

H24年12月現在

新しい材料を提案し、さらなる高性能を目指す

水族館の水槽、携帯電話のディスプレー、自動車のランプカバーなどに使われている透明なプラスチックであるアクリル樹脂の高性能化を研究しています。ビーカーやフラスコでの数gの最先端材料の開発から大型装置を使っての数百Kgの新規材料開発まで幅広く行っています。そして、自分が開発した新しい材料をお客様に提案し、さらに高性能を図るというのが、私の仕事です。

旅行から最先端の材料開発まで、色々な経験ができました。

学生時代はとにかく色々な場所に行きました。東北一周、九州一周、北海道など行っていない県は、数県しかありません。さらに、海外もハワイ、フランス、タイ、ハンガリーなど沢山行きました。良い思い出です。一方で、研究室生活では、多くの企業と共同研究することができ、大学の研究だけでなく、企業での最先端の材料開発、に触れることが出来ました。

社会に出るまでに、どれだけのスキルを身につけるかが重要

現在の不透明な世の中で、どれだけ社会に出るまでに、スキルを身につけるかが重要になると思います。名工大は、実践的な研究が行える大学であるため、大学を卒業後、社会人になって役立つことを多く学べます。そんな環境で多くの友人や先生と技術開発を行っていくことは大変面白いと思いますので、是非頑張って合格してください。


この情報は企画広報課が提供しています。
掲載を希望される方はお問い合わせ先一覧より企画広報課広報室へご連絡お願いします。

ページトップへ