国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

国際交流

ホーム > 国際交流 > 海外同窓会 > 第1回 名古屋工業大学マレーシア同窓会

第1回 名古屋工業大学マレーシア同窓会

日時 平成22年11月28日
場所 Hotel Nikko Kuala Lumpur (クアラルンプール、マレーシア)

韓国(ソウル)、中国(上海)、インドネシア(ジャカルタ)に続く4カ国目の海外同窓会として設置されました。

第一回名古屋工業大学マレーシア同窓会は、クアラルンプール市内のHotel Nikko Kuala Lumpurにおいて、マレーシア人元留学生14名と本学から髙橋実学長、山本幸司国際交流センター長らが参加して開かれました。また来賓として、在マレーシア日本大使館より堀江正彦大使を招いて祝辞を頂き、終始和やかな雰囲気のうちに同窓会の発会が祝われました。

同窓会では、初めに同窓生を代表して、初代会長に就任したアマッド・シュハイミ氏(2010年大学院博士後期課程修了。現マラヤ大学Senior Lecturer)から同窓会の初代役員や規約が紹介され、今後の同窓会運営に関する抱負が述べられた後、髙橋学長より同窓会設立の趣旨や本学の現状について説明がありました。髙橋学長からは、この同窓会が単なるOBの懇親会に留まらず様々な人脈のネットワークのハブとして発展していくことを期待する旨が表明されました。

その後、同窓生全員が日本語で自己紹介。学生時代の研究内容や近況を報告し、大学時代の思い出話に花を咲かせていました。

堀江大使挨拶

学長趣旨説明


この情報は国際企画室が提供しています。

ページトップへ