国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

国際交流

国費留学生

国費外国人留学生の募集・選考の方法

海外から採用する場合

  1. 募集対象国の在外公館を通じて募集する大使館推薦(図1参照)
  2. 本学が大学間交流協定等により募集する大学推薦(図2参照)

日本で学んでいる私費留学生の中から国費外国人留学生に採用する国内採用

区分 海外からの採用 国内採用
大使館推薦 大学推薦
大学院 研究留学生 ○(正規課程)
学部 学部留学生 × ×

○=募集・選考を実施しているもの。

大使館推薦

文部科学省は在外公館に国費外国人留学生の推薦を依頼しています。募集時期等は国によって異なりますので、母国の在外公館に問い合わせてください。渡日時期については、学部留学生は4月、大学院レベルの研究留学生は4月又は10月となります。なお、研究留学生として、本学に入学するには、本学教員からの「受入内諾書」を取得することが必要なため、あらかじめ本学教員と連絡を取り、「受入内諾書」を取得する必要があります。(参考:教員一覧 : 研究者情報検索「研究者データベースシステム」

文部科学省は在外公館からの推薦をもとに選考委員会で奨学生を選考、各大学に候補者の受入依頼を行います。原則、研究留学生は、渡日後半年間、本学の大学院入学前予備教育コースに参加します。学部留学生は、本学に入学する前に1年間日本語等予備教育機関で予備教育を受講後、翌年4月に入学することができます。

(出典:我が国の留学生制度の概要)

大学推薦

大学間交流協定等に基づき渡日する留学生を本学が文部科学省に推薦し、文部科学省での選考を経て、採用者が決定されます。渡日時期については10月となります。

(出典:我が国の留学生制度の概要)


この情報は学生生活課が提供しています。

ページトップへ