国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

国際交流

ホーム > 国際交流 > 名工大への留学 > 留学生受け入れプログラム

留学生受け入れプログラム

アジア人財ものづくりスーパーエンジニア養成プログラム

ものづくり産業に精通し、かつ日本理解とグローバル感覚を兼ね備えたものづくり産業のスーパーエンジニアを養成する留学生を対象とした大学院博士課程(修士課程)プログラムを産学連携で開発し実施しています。ものづくりに関する専門知識とビジネスの世界で通用する日本語力を習得した本プログラムの修了生は、日本企業や現地日系企業での活躍が期待されています。

対象学種 大学院(修士)
実施期間 平成19年度から実施
主な支援 国費留学生奨学金等を支給

ダブルディグリープログラム・連携博士プログラム

本学と中国の協定校の学生が両大学の連携した研究指導のもとに両大学の修士の学位を取得し、さらにいずれかの大学の博士の学位を取得できるプログラム。

対象学種 大学院(修士・博士)
実施期間 平成19年度から実施
連携大学 同済大学(中国)、北京化工大学(中国)
主な支援 国費留学生奨学金等を支給

ハノイツイニングプログラム

ベトナム政府との連携プログラム。学部教育の前期2.5年をベトナムで日本語教育及び専門基礎教育を現地教員が実施し、後期2年を名工大で専門教育を実施。

目的 製造業を支える指導的技術者養成
対象学種 学部
実施期間 平成19年度から実施
連携大学 ハノイ工科大学(ベトナム)
主な支援 授業料等不徴収

カブール大学教員養成プログラム

アフガニスタンにおいて不足する土木,電気,情報分野の若手教員を、本学修士課程及び博士課程において再教育し学位を取得させることにより、同国の大学復興を支援。

目的 開発途上国における高等教育支援
対象学種 大学院(修士・博士)
実施期間 平成18年度から実施
連携大学 カブール大学(アフガニスタン)
主な支援 国費留学生奨学金を支給

外国人留学生を対象とした企業奨学生制度

名古屋工業大学では、企業からの寄付金による外国人留学生を対象とした奨学金制度を平成20年7月に設立しました。この奨学金受給者を企業奨学生と呼びます。企業奨学生の選考においては、名古屋工業大学と海外有力大学との太いパイプを基に、優秀な学生を選考しています。選考時の面接試験には、奨学金出資企業がオブザーバー参加し選考に立ち会うことができます。企業奨学生は、卒業後は、出資企業を含む日本企業あるいは現地日系企業での活躍を目指します。


この情報は学生生活課が提供しています。

ページトップへ