国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

生涯学習

ホーム > 一般の方へ > 生涯学習 : 公開講座案内 > 大災害時の避難と帰宅困難

大災害時の避難と帰宅困難

※ 新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、日程が変更になる可能性があります。

受付終了

担当 社会工学科
日程 2020年6月20日(土) 13:30 ~ 16:30
担当講師 藤田素弘、秀島栄三、鈴木弘司、中居楓子
対象者 一般
募集人数 40人
会場 名古屋工業大学 24号館2421講義室
講習料 1,230円(高校生以下は無料)
受付期間 開講日の1週間前まで
募集状況 受付終了

概要

2019年10月の台風19号による広範な被害、ここ数年にわたる南海トラフ地震発生への懸念などを受け、大規模災害に向けた備えに着手している人も多いのでははいでしょうか。災害が起きたとき私たちはどのように行動をとるべきか、可能なかぎり考えておきたいものです。素早い避難、長期化しても疲弊しない避難、外出先で遭遇する災害、そして帰宅困難に直面したときの的確な情報収集ならびに判断といったことが重要となります。

本講座では、自然事象および社会現象としての災害の理解から、様々な状況における発災時の判断と行動に到るまでを見渡し、災害時要支援者も含めた社会全体としての望ましい避難と帰宅困難解消の方策についてともに考えます。

プログラム

時間 要旨
13:30~ 概説
13:40~14:20 講義「避難行動」
14:25~15:05 講義「帰宅困難」
15:10~15:50 講義「旅先での被災」
16:00~16:30 振り返り

この情報は学務課が提供しています。

ページトップへ