1. >
  2. ごあいさつ

ごあいさつ

第4回ホームカミングデーのごあいさつ

今年で4回目の開催となるホームカミングデー、日頃よりご支援・ご指導いただいている卒業生の皆様をはじめ、地域の皆様、大学関係者、そして全学同窓会名古屋工業会のおかげにより開催できておりますこと、心より御礼を申し上げます。

“久し振りに母校を訪れて懐かしかった”、“名工大のイメージが変わった”、“学生時代のことを思い出した”…これまで開催したホームカミングデーに寄せていただいた感想です、ありがとうございます。人生の1ページを振り返るというホームカミングデーの醍醐味を味わっていただくことに加え、時代と共に変化し続ける名工大の現在の姿を皆様にご覧いただくのもホームカミングデーの目的でございます。関係者ならびにそのご家族にも、一人でも多くの方をキャンパスにお迎えしたいと思っております。

さて、めざましい科学技術の発展に伴い、世界規模で様々な変革が急務となる中、名古屋工業大学が果たすべき役割はますます大きくなっております。世界に発信する研究も多方面から熱い視線を浴び、そうした期待に応えるべく名古屋工業大学は、柔軟に、斬新なグローバルステージへとその歩幅を大きくしながら歩み進めています。

今回も先端的な研究をご見学いただける学内ツアーを企画いたしました。また午後の記念講演では、本学の卒業生で名古屋市立大学教授・学長補佐でいらっしゃる横山清子氏に「人にやさしいもの・ことのデザイン」と題してご登壇いただきます。人生100年と言われる時代、まさに時流に合った研究と実践をリードされている横山氏ならではの大変興味深いお話をうかがえるかと思います。夕方からは懇親会も開催いたします。恩師や旧友との再会、親睦を深めていただく他、学科や年代、世代を超えた交流、そして新たな人脈作りとなる異業種交流の場として有意義な1日となりますことを願っております。

名古屋工業大学は、ものづくり産業の集積拠点に立地する「地の利」を活かし、伝統と誇りを尊びながら、これからも時代をリードする工学系大学として独自の進化をしてまいります。また創造力と洞察力をあわせ持った次世代を担う人材育成に邁進し、個性溢れる大学を目指してまいります。そうした発展のためには皆様のお力が必要です。引き続きご指導ならびにご支援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

当日、お目にかかれますことを心より楽しみにしております。皆様お誘い合わせの上、ぜひお越しください。

国立大学法人名古屋工業大学 学長 鵜飼裕之


我が「名古屋工業会」は、母校である名古屋工業大学の前身である名古屋高等工業学校が明治38年(1905年)に創設されその10年後に「名古屋高等工業学校同窓会」として設立されて以来、多くの卒業生がいろいろな分野で活躍されています。

名古屋工業会は「輝く母校と同窓の絆を願って」のスローガンのもとで「大学支援と会員相互の親睦」を活動の柱と活動しています。

今回で4回目となるホームカミングデーでも卒業生、在学生、現役及びOBの教職員、地域の皆さんをお迎えし、現在の大学の姿をご覧いただき、大学の取組む教育・研究の成果を広く発信することを目的とております。学内見学ツアー(今年オープンした国際学生寮NITech Cosmo Villageの見学を予定しています)や研究室見学などで最先端工学教育の現場を楽しんでいただき、移り行く母校の様子を感じて下さい。また午後には「人にやさしいもの・ことのデザイン」の演題で本学OGの名古屋市立大学教授の横山清子氏による記念講演を開催しますし、懇親会も企画しております。

是非多くの皆様に参加していただきホームカミングデーを盛り上げていただき、お互いの絆をより強いものとして頂く機会と思います。そして輝く母校への思いを深め支援していただければ幸いでございます。

一般社団法人名古屋工業会 理事長 加川純一

  • 名古屋工業大学基金
  • 名古屋工業会
  • 名古屋工業大学卒業生連携室
  • 同窓会のご案内