国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

産学官連携・研究・教育

ホーム > 産学官連携・研究・教育 > 研究協力制度 > プロジェクト研究所 > 藤本技術総研融合システム研究所

藤本技術総研融合システム研究所

参画機関

非公開

設置期間

平成28年4月1日~
平成32年3月31日

代表研究者

青木 純 教授

研究者一覧

【所長】青木 純 教授

名古屋工業大学

  • 山下 啓司 教授
  • 出羽 毅久 准教授
  • 水野 稔久 准教授
  • 小澤 智弘 准教授
  • 猪股 智彦 准教授
  • 加藤 正史 准教授
  • 坂口 正道 准教授
  • 田中 由浩 准教授
  • 近藤 政晴 助教
  • 藤本 英雄 プロジェクト教授
  • 伊藤 繁 プロジェクト教授

筑波大学

  • 望山 洋 准教授(プロジェクト准教授)

首都大学東京

  • 武居 直行 准教授(プロジェクト准教授)

名城大学

  • 成田 浩久 准教授(プロジェクト准教授)

愛知工科大学

  • 永野 佳孝 准教授(プロジェクト准教授)

明治大学

  • 舘野 寿丈 准教授(プロジェクト准教授)

大阪市立大学

  • 南後 守 特任教授(プロジェクト教授)

財団法人名古屋産業振興公社

  • 亀山 哲也 (プロジェクト教授)

藤田保健衛生大学

  • 金平 蓮 教授(プロジェクト教授)

研究テーマの概要

「ものづくり」には新たなブレイクスルーとなるテクノロジーの開発が求められている。自動車業界を中心とする水素エネルギーをはじめとする環境分野における注目技術の展開に対処すべく、分野融合的な先行開発を試行する。持続可能な水素エネルギー社会に対応すべくソーラー水素製造について水の電気分解や光分解また光合成細菌などの種々の手法を検討する。物質材料・化学系と機械・電気・情報系とを融合して3Dプリンターの新技術の開発及びその応用について研究する。3Dプリンター用プラスチック樹脂やゴム・ゲル材料の開発や生体材料の3D成型について検討を行う。また、当プロジェクト研究所参加メンバーによる過去の多くの大型プロジェクト遂行や技の伝承、力覚触覚技術を中核とした自動化支援ロボット、医療、リハビリ、福祉支援機器ロボットなどのロボットシステムの開発実績をベースとして、たとえば、近年の付加加工技術の画期的進展に代表される様な材料分野と機械・電気情報分野の連携による先行開発に参入する。

以上の様に、幅広い大学の知と企業の技を融合させた、基礎研究から応用技術開発までの研究を幅広く実施している。 また、多角的な新学術領域の創成と研究成果の産業化、若手研究者・技術者の育成も目指す。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 名古屋工業大学 産学官連携センター 矢野 卓真
または 藤本技術総研融合システム研究所 事務室 052-735-5330

(設置時点)

ページトップへ