国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

産学官連携・研究

ホーム > 産学官連携・研究 > 研究協力制度 > プロジェクト研究所 > ミリ波・テラヘルツ波ワイヤレスシステム研究所

ミリ波・テラヘルツ波ワイヤレスシステム研究所

参画機関

設置期間

2020年4月1日~
2023年3月31日

代表研究者

榊原 久二男 教授

研究者一覧

  • 榊原 久二男 教授(所長)
  • 菊間 信良 教授
  • 杉本 義喜 助教
  • Rohani Binti Bakar 非常勤研究員
  • Diawuo Henry Abu 非常勤研究員
  • Nguyen Thanh Tuan 博士後期課程3年

研究テーマの概要

数GHz帯までの周波数は、すでに様々なアプリケーションに利用されており、今後、ますます利用が促進される無線応用に割り当てられる周波数バンドが不足してきています。そのため、数十GHz以上のミリ波帯や、数百GHz以上のテラヘルツ帯の電波の活用が求められています。本研究所では、電磁界シミュレータや、アンテナや高周波回路の特性を330GHzの周波数まで測定可能な測定装置を導入し、70~80GHz帯の車載ミリ波レーダや、300GHz帯のテラヘルツ波超高速無線通信システムに用いるための高利得ビーム走査アンテナシステムを開発しています。

車載ミリ波レーダ

ミリ波通信

ポリプロピレンを用いたテラヘルツレンズアンテナ(設計周波数280GHz)

樹脂に金属メッキを施す製法で試作した低コスト導波管平面アンテナ(設計周波数79GHz)

マイクロストリップ平面アンテナ(フッ素樹脂基板 日本ピラー工業製NPC-F220CJ、設計周波数79GHz)

ロットマンレンズマルチビームアンテナ

メタサーフェス(ガラスや樹脂の反射損失を低減)

遠方界・近傍界測定装置(~330GHz)

お問い合わせ先

お問い合わせ先 名古屋工業大学 大学院 工学研究科
榊原 久二男
E-mail sakaki
上記の後に「@nitech.ac.jp」を補完してください。

ページトップへ