国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

一般の方へ

ホーム > 一般の方へ >職業実践力育成プログラム(BP)

職業実践力育成プログラム(BP)

名古屋工業大学の「工学研究科博士前期課程社会工学専攻短期在学コース」及び「3D-CAD設計技術者育成講座」は、文部科学省の平成28年度「職業実践力育成プログラム(BP – Brush up Program for professional)」に認定されました。

名古屋工業大学発 Brush up Program for professional

職業実践力育成プログラム(BP)とは、大学・大学院・短期大学・高等専門学校における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを文部科学大臣が認定したものです。

詳細は以下をご覧ください。

正規課程

課程 正規課程
課程名 工学研究科博士前期課程社会工学専攻短期在学コース(PDF様式1)(PDF様式2
期間 1年
職業分野 企業経営の中核をなす経営トップ層の人材あるいは技術者
修得資格 修士(工学)あるいは修士(学術)
社会人の受講しやすい工夫 講習開始時間を考慮(昼夜開講、夜間開講あるいは土曜日の集中講義)
情報機器を整備した社会人のための研究室を設置
概要 一般大学卒業者向けの2年間コースとは異なり、1年間で修士号取得可能なプログラム(社会人対象短期在学コース)で、工学系経営教育・政策教育を専門的に行うことによって、ものづくり産業に貢献するリーダーを育成することを目的としている。
企業等において技術者としての経験がある者で、技術内容、技術の改善、技術の利用について、マネジメント等の社会工学的観点から学び直し、技術改善等の高度な専門的知識の習得を望む者を対象とする。同時に、職業経験によって得られた固有技術やノウハウを体系的に整理し、産学連携等による技術イノベーションの創出や技術経営能力の育成を通じてキャリアアップを図り、先進的な経営感覚を有する人材も育成する。
技術領域は社会工学の分野に限らず、材料、電気、機械、情報等の工学分野であり、これらの技術利用に関してマネジメント等の社会工学的観点から学び直しを行う。

履修証明プログラム

課程 履修証明プログラム
課程名 3D-CAD設計技術者育成講座(PDF様式1)(PDF様式2
期間 1年
職業分野 CADオペレーター・設計技術者
修得資格 履修証明書を発行
社会人の受講しやすい工夫 講習開始時間を考慮(18:30からの開講)
PC室24時間常時開放
社会人アドバイザー(本講座修了生)の常駐日を設定(土曜日)
URL 名古屋工業大学 3D-CAD 設計技術者育成講座
概要 産業界において、3D-CADの導入・普及が進み、製品開発・設計、金型製作の現場などでは、3D-CADの技術、人材の必要性が高まっており、平成19年度より社会人向け夜間・短期コースの産学官連携による3D-CAD設計技術者育成講座を開設し、東海地域の企業の3D-CAD設計技術者育成及び設計技術者のキャリアアップを支援している。これは文部科学省の委託事業「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」としてスタートしたもので、本学と地域の民間企業、行政機関の産学官連携コンソーシアムにより実施してきた。(平成22年3月終了)
履修証明プログラム(3D-CAD設計技術者育成プログラム)は、平成22年4月より開設され、主として18歳以上の社会人を対象として、設計プロセスのフェーズを理解し、それに応じた設計データを3D-CADで作成し、応力計算など構造解析もできる設計技術者を養成することを目的とし、3D-CADの基本操作から応力解析、シミュレーションまでの講習と、機械設計の基礎及び材料力学の学習を内容としたカリキュラムである。

一般の方へ

ページトップへ