国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

教員の受賞者情報

ホーム > 教員の受賞者情報 > 目方宏明(物質工学専攻卒業生)、北川慎也准教授、飯國良規助教、大谷肇教授が2016年「分析化学」論文賞を受賞しました

目方宏明(物質工学専攻卒業生)、北川慎也准教授、飯國良規助教、大谷肇教授が2016年「分析化学」論文賞を受賞しました

2017年07月03日掲載


受賞者
目方宏明(物質工学専攻卒業生)、北川慎也准教授、飯國良規助教、大谷肇教授
受賞の対象
「フィールドフロー直交型電気クロマトグラフィーの開発」
受賞者の関連サイト
大谷・北川・飯國研究室HP
関連するウェブサイト
日本分析化学会HP

分離分析手法は、生体分析・環境分析・材料分析など様々な分野で汎用されている重要な技術であり、その発展が求められています。我々の研究グループは、既存の分離分析手法であるクロマトグラフィー・電気泳動・フィールドフローフラクショネーション(FFF)を組み合わせた、これまでにない分離分析手法の提案を行い、その有効性を実証することに成功しました。

この研究成果が2016年度に日本分析化学会が刊行する「分析化学」誌に掲載された論文から一篇のみ選ばれる、『2016年「分析化学」論文賞』に選定されました。

ページトップへ