国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

入試案内

ホーム > 入試案内 > 大学院入試 > 障害等のある方の事前相談について

大学院入試障害等のある方の事前相談について

本学に入学を志願する方で、障害(下表参照)等のために受験上及び修学上の配慮を必要とする方は、出願の前に、以下の様式により事前相談をしてください。
なお、重度の障害のある方は、できる限り早い時期に相談ください。

※様式は学部入試と大学院入試で別のものになっておりますので,注意してください。

(注)日常生活においてごく普通に使用されている補聴器、松葉杖、車椅子等を使用して受験する場合も、試験場設定等において何らかの配慮が必要となる場合がありますので、事前に相談してください。
事前相談は障害等のある志願者に本学の現状をあらかじめ知っていただき、受験及び修学にあたってより良い方法やあり方を実現するためのもので、障害等のある方の受験や修学を制限するものではありません。

区分 障害の程度
視覚障害 良い方の目の矯正視力が0.15以下のもの、両眼による視野について視能率による損傷率が90%以上のもの、その他視覚に関する配慮を必要とするもの
聴覚障害 両耳の聴力レベルがおおむね60デシベル以上のもののうち、補聴器等の使用によっても通常の話声を解することが不可能又は著しく困難な程度のもの
肢体不自由 1.肢体不自由の状態が補装具の使用によっても歩行、筆記等日常生活における基本的な動作が不可能又は困難な程度のもの
2.肢体不自由の状態が前号に掲げる程度に達しないもののうち、常時の医学的観察指導を必要とする程度のもの
病弱 1.慢性の呼吸器疾患、腎臓疾患及び神経疾患、悪性新生物その他の疾患の状態が継続して医療又は生活規制を必要とする程度のもの
2.身体虚弱の状態が継続して生活規制を必要とする程度のもの
発達障害 自閉症スペクトラム障害、自閉症、アスペルガー障害、広汎性発達障害、学習障害、注意欠如・多動性障害等のために配慮を必要とするもの
その他 上記以外で、受験上及び修学上の配慮を必要とする程度のもの

大学院入試の様式等

申込様式

(注)提出期限等の詳細は各選抜の募集要項を確認ください。

これまで実施した受験上の配慮の例

  • 送迎用自動車の入構
  • 別室受験
  • 1階又はエレベーターが利用可能な試験室での受験
  • 座席を前列又は入口付近に設定
  • トイレ又は身障者トイレに近い試験室に設定
  • 松葉杖の持参使用
  • 車椅子の使用
  • 車椅子で使える机を準備
  • 補聴器の持参使用
  • 拡大文字の使用
  • 試験問題の訂正,注意事項はプリントや筆談等の視覚情報を用いる。

問い合わせ先

問い合わせ先 〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
名古屋工業大学入試課
TEL 052-735-5083

ページトップへ