国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

就職・キャリア・学生生活

ホーム > 就職・キャリア・学生生活 > ハラスメント防止のために

ハラスメント防止のために

名工大はハラスメントを許しません

根本精神

基本的人権の尊重と男女雇用機会均等法などの精神に則り、本学において、学び、研究し、働く者のすべてが、個人として尊重され、セクハラ、アカハラ、パワハラなどのあらゆるハラスメントによる人権侵害のない快適な環境作りを目指す。

ハラスメントを感じたら “どうすればいいの?”

加害者にNOの意思を伝えよう いつ何があったかを記録しよう 明白な証拠はなくても大丈夫

ハラスメント外部相談員、ハラスメント相談員、学生なんでも相談室、学生相談室(ほけんせんたー)

どの相談窓口でも大丈夫。あなたの秘密は守られます。

全ての窓口から相談へ対応します

相談窓口では、被害者を守ることを最優先して、できる限りの支援をします。ハラスメント相談員が詳しく被害状況を聴いた上で、対応の仕方を本人と相談して決めます。相談員が対応できな いものについては、ハラスメント防止委員会が調査を行い、事実が確認されると、加害者の処遇についても方針が出されます。

ハラスメントを見たら“どうすればいいの?”

見て見ぬふりをしてはいけません

相談に行くよう助言、本人に同行して一緒に相談、本人の意思を確認しながら代わりに相談し

相談窓口にお越しください

ハラスメントとは?

名工大は、本学で学び、研究し、働く者のすべてが、個人として尊重され、セクシュアル・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント、パワー・ハラスメントなどのあらゆるハラスメントによる人権侵害を受けることのない快適な環境作りを進めています。

セクシュアル・ハラスメントとは?

相手の意に反した性的な言動や、男女の特性・役割分担を固定化した言動により人間の尊厳を傷つける人権侵害行為です。性的な言動に関して大学でもっとも多いケースは、加害者が男性の教職員、被害者が女子学生や女性職員という場合ですが、同性の間でも、また、女性から男性になされる場合も存在します。

アカデミック・ハラスメントとは?

研究教育の場において優位な地位にある者が行う嫌がらせです。研究の場において多いケースは研究活動の妨害、研究成果の無断流用などがあげられます。また教育の場においては正当な理由なく指導が行われないことや、学位や単位に対する不公正な態度、進路に関する妨害や干渉などが挙げられます。

パワー・ハラスメントとは?

職場の上下関係といった権力を背景にして相手を傷つける言動の総称です。陰湿で持続的ないじめや、個人の尊厳を侵害する言動が挙げられます。また、相手に対する理不尽な要求の例では、職務に関係のない役務への従事を強要したり、能力以上の業務を命ずることなどがあります。

このようなハラスメントは、ハラスメントされた側の学業や仕事の遂行に困難を生じさせるだけではなく、大学全体の研究教育環境や就業環境を悪化させます。

たとえば?こんなこともハラスメントになります

例1
ある先生からしつこく交際を迫られて困っています。「デートしてくれたら、試験の成績が悪くても単位をあげるよ」と何度も言われるので、はっきりと断ったら、「そんなに断ってばかりいると卒業できなくなっても知らないよ」と言われてしまいました。

例2
先生の都合で実験が突然中止され、午後9時以降に開始すると一方的に言われました。その日の夜は都合がつかないと伝えたところ、以後は、実験メンバーからはずされてしまいました。

例3
大学に合格して喜んでいたら、男子学生に「どうして女の子なのに工学部なんか来たの?」って聞かれ、ショックでした。で、今度は大学院に進学したいって言ったら、先生に「女子が院に入っても就職はないぞ、嫁のもらい手もないかもしれない」って言われてしまいました。どうして女性が工学を勉強しちゃいけないんですか?

例4
うちが当番だった学会で、機械操作を頼まれました。あまり自信がなかったので、先輩の女性に代わってもらおうとしたら、「ダメだ、女の子には受付をしてもらうから、機械操作は君がやれよ」と先生に言われて・・・冷や汗の連続でした。女子が受付で男子が機械操作なんて、一体だれが決めたんだ!?

例5
どうしても利用したい測定機器があるのですが、「君は使う資格が無い」と先生に言われました。理由は教えてもらえません。そのため研究が進まず、「君はダメなやつだ」と評価されてしまっています。

例6
ゼミの時、先生に「君は研究に向いていないからゼミの発表はしなくてもいいよ」と言われました。他の学生には熱心に指導しています。学生ごとに指導に著しい差があるのはおかしいと思います。

例7
わたしは留学生です。そのためか先生による面談は後回しです。十分な時間をとってもらえず、わたしの相談はいつも途中で終わってしまいます。

例8
研究室で共用しているパソコンのスクリーンセーバが女性のヌードになっています。みんなが利用するパソコンなので、嫌な気分になります。

あなたの言動は大丈夫?

自分の言動が他の人に対してハラスメントを起こしていないか考えることも大切です。

CHECK1 自分の言動に対して、相手の反応がなんとなく否定的だったり嫌がられたりしていませんか。相手の気持や態度を読み取る力を養いましょう。
CHECK2 自分の言動によって他の人が修学を妨げられたり大学に来づらくなる状況を生み出していませんか。陰口、誹謗中傷など、思い当たることがあったらすぐにやめましょう。
CHECK3 「自分の言動はもしかしてハラスメント?」「いや違うかな?」と迷っていませんか。その時は、同じ事を誰かが自分や自分の親しい人にしたとしたら、自分はどう感じるか、考えてみましょう。
CHECK4 自分の言動がハラスメントかどうか、わからないことがありますか。その時は、相談窓口で聴いてみましょう。

一度CHECKしてみましょう

相談窓口

学内相談窓口 ハラスメント相談員 所属に関係なく二人以上の相談員が協力して、いつでも相談にのります。
学生なんでも相談室 19号館1階・学生センター内。受付担当者が相談内容に応じてふさわしい相談担当者を紹介します。
電話番号:052-735-5068
学生相談室 保健センター内。精神科医師及び臨床心理士が、カウンセリングや診療を行っています。
電話番号:052-735-5108
e-mail:health
※アドレスの末尾に「@adm.nitech.ac.jp」を補完してください
保健センター
学外相談窓ロ 学外にある無料相談窓口の一覧です。

学生なんでも相談室・学生相談室の場所

建物配置図


この情報は人事課が提供しています。

ページトップへ