国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

就職・キャリア・学生生活

ホーム > 就職・キャリア・学生生活 > 名工大キャンパスニュース一覧 > 情報工学専攻の林里奈さんが第17回計測自動制御学会システム・インテグレーション部門講演会で優秀講演賞を受賞しました。

情報工学専攻の林里奈さんが第17回計測自動制御学会システム・インテグレーション部門講演会で優秀講演賞を受賞しました。

2017年04月21日掲載


SI2016_賞状.png
SI2016_イメージ写真.jpg

受賞者

情報工学専攻 博士後期課程 林里奈 (加藤昇平研究室)

受賞名

第17回計測自動制御学会システム・インテグレーション部門講演会 優秀講演賞

計測自動制御学会

受賞の内容

ふれあいを通して癒しを得るロボット・セラピーにおいて、触覚刺激は非常に重要です。ロボットと密に接することで印象に大きく寄与すると考えられる重量ですが、その適正値は明らかになっていません。本研究では、ロボットの予想重量と実際にロボットを持ったときに感じる重量の相対による評価(主観的重量感覚)が印象やセラピー効果に与える影響を明らかにする第1段階として、ユーザによって主観的重量感覚がどの程度異なるのかを確認しました。

今後の抱負 

この度はこのような賞をいただき、誠に光栄です。本研究は、私がセラピーロボットを開発するきっかけとなった重量に関する研究です。はじめは軽量であるほど良いと考えておりましたが、重い方が存在感があって良いというユーザの声を受け、このような検証を実施しました。今後も検証を進め、セラピー効果を与えるために適切な重量を明らかにしたいと考えております。

ページトップへ