国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

産学官連携・研究

ホーム > 産学官連携・研究 > 名工大研究活動ニュース一覧 > ACSに掲載した柴田研究室の研究論文が「Supplementary Cover Art」に選ばれました。

ACSに掲載した柴田研究室の研究論文が「Supplementary Cover Art」に選ばれました。

2022年07月29日掲載


ACS(アメリカ化学会)の学術雑誌Organic Lettersに掲載した柴田研究室の論文「Etherification of Fluoroarenes with Alkoxyboronic Acid Pinacol Esters via C-F Bond Cleavage」(著者,Jun Zhou (研究員),Bingyao Jiang(当時,生命・物質化学専攻,博士前期課程2年),Zhengyu Zhao (共同ナノメディシン科学専攻,博士後期課程2年))が高く評価され, Organic Letters誌24巻28号(7月22日掲載)の「Supplementary Cover Art」に選ばれました(図1)。

図1.jpg

 (図1)

評価を受けた研究論文の内容は以下のようになります。アリールおよびヘテロアリールのフッ化物とアルコキシボロン酸ピナコールエステルとのカリウム塩基を介した脱フルオロエーテル化反応を,遷移金属を用いない条件下で初めて成功しました。この手法は,これまで不可欠であった金属触媒や配位子等を用いることなく,芳香族フッ素化物を効率的かつ安全に多種類のアリールエーテルへと化学変換することが出来ます。この方法により,構造的に複雑なフッ素化合物やβ-エストラジオール,トコフェロールなどの含フッ素生理活性物質から対応するエーテル化合物を選択的に合成することが出来ました(図2)。

図2.jpeg

 (図2)

なお,表紙(図1)は日本画家によるデザインで「月と水と自然」と題した作品です。月を媒介とした無機フッ化物の自然放出により,有機フッ化物が非フッ素化・酸素化分子に移行する様子が表現されています。なお,この研究は,JST, CREST 分解・劣化・安定化の精密材料科学(研究総括: 高原 淳)のご支援のもとで行われました(課題番号JPMJCR21L1)。

柴田研究室

<発表雑誌>

 雑誌名:Organic Letters

 タイトル:Etherification of Fluoroarenes with Alkoxyboronic Acid Pinacol Esters via C-F Bond Cleavage

 著者:Jun Zhou, Bingyao Jiang, Zhengyu Zhao, and Norio Shibata

 論文情報:DOI: 10.1021/acs.orglett.2c01864

掲載論文のウェブサイト

受賞内容のウェブサイト


この情報は研究支援課が提供しています。

ページトップへ