国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

教育・学部・大学院・センター

ホーム > 教育・学部・大学院・センター > ポリシー > カリキュラム・ポリシー

カリキュラム・ポリシー

学部第一部「カリキュラム・ポリシー」(教育課程編成・実施の方針)

教育理念に従って人材を育成するため、以下の観点から、教育課程を編成しています。
工学部は、高校までに学んだ基礎学力の上に、工学技術者の使命への理解、社会や現象を解析・操作する能力、工学の専門知識とこれを活用する能力を身につけ、未来社会をつくりだす人材を育成します。

高度工学教育課程

(高度工学教育課程とは、生命・応用化学科、物理工学科、電気・機械工学科、情報工学科及び社会工学科の5学科の総称をさす。)

  1. 人間、文化、社会を理解し、それらを技術的観点から考察する能力、及び技術を新しい生活につなぐ強い使命感・責任感、高い倫理観を身につける。
    そのため、学習への態度とキャリア像を涵養させる1年次前期の科目の後、技術的観点から人間、文化、社会を考察する力を養う人間社会科目と、技術を新しい生活につなぐ強い使命感・責任感、高い倫理観を養う産業・経営リテラシー科目を学習させる。
  2. 現象の理解・操作のための数理的基礎知識と科学的素養を身につける。
    そのため、自然科学基礎科目と各分野の専門科目において数理的基礎を学習させる。
  3. 国内外の人々と対話できるコミュニケーション力と論理的思考力を身につける。
    そのため、グローバルコミュニケーション科目を置く。また、専門科目の実験・演習と卒業研究においてグループでの作業・議論・発表を通じてこれらの能力を涵養する。
  4. 基幹となる専門分野の基盤的な知識・技術と新たな知識・技術を習得する能力を身につける。
    そのため、専門科目を置き、他の分野の科目を履修させる。専門分野の卒業研究において知識・技術を総合し創造する能力、知識・技術を自ら習得する能力を養う。

以上によって効果的な教育を行うため、共通科目と工学分野ごとの体系的専門知識を1年次から4年次まで段階的に修得し、専門と共通科目の知識の相互関連を意識できるよう学習をします。

なお、学修成果の評価は、各授業科目における達成目標の達成度に基づき、公正・厳格な成績評価を行い、ディプロマ・ポリシーに示す知識と能力の達成度を評価します。

創造工学教育課程

  1. 人間、文化、社会を理解し、それらを技術的観点から考察する能力、及び技術を新しい生活につなぐ強い使命感・責任感、高い倫理観を身につける。
    そのため、学習への態度とキャリア像を涵養させる1年次前期の科目の後、技術的観点から人間、文化、社会を考察する力を養う人間社会科目と、技術を新しい生活につなぐ強い使命感・責任感、高い倫理観を養う産業・経営リテラシー科目を学習させる。
  2. 現象の理解・操作のための数理的基礎知識と科学的素養を身につける。
    そのため、自然科学基礎科目と各分野の専門科目において数理的基礎を学習させる。
  3. 国内外の人々と対話できるコミュニケーション力と論理的思考力を身につける。
    そのため、グローバルコミュニケーション科目をおく。また、グループでの議論・発表・作業を通じてこれらの能力を涵養する。
  4. 基幹となる専門分野の基礎と他の分野の知識・技術を関連づける能力を身につける。
    基幹となる専門分野の基礎を学ぶため、主軸専門科目を置く。また、創造工学設計科目で他の工学分野を含む専門科目を学び、研究活動に取り組ませ、知識・技術を総合し創造する能力、必要な知識・技術を自身で習得する能力を養う。
  5. 技術を多面的に見るための手法・態度や技術革新の要素に関する基礎的知識を身につける。
    そのため、技術を多面的に見るための手法・態度や技術革新の要素に関する基礎的知識を身につける工学デザイン科目を置く。

以上によって効果的な教育を行うため、共通科目と工学の専門の基礎知識及び関心を広げる科目を、相互関連を意識できるように1年次から4年次まで段階的に修得させます。

なお、学修成果の評価は、各授業科目における達成目標の達成度に基づき、公正・厳格な成績評価を行い、ディプロマ・ポリシーに示す知識と能力の達成度を評価します。

また、本課程は大学院博士前期課程まで学習することを前提とし、大学院へ入学できる学力を得られるよう個別指導、自律的な学習計画・キャリア計画を重視し、学期ごとの達成度評価を行います。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)は、アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)及びディプロマ・ポリシー(卒業、修了認定・学位授与の方針)と深く関係しています。

学部第二部「カリキュラム・ポリシー」(教育理念)

名古屋工業大学では、「『ものづくり』『ひとづくり』『未来づくり』を理念として、将来にわたって人類の幸福や国際社会の福祉を達成する方向を示し、同時にそれに対応できる人材を育成する。」ことを教育理念としています。

この実現のため、以下のような観点から、教育課程を編成しています。

  1. 現象の理解・操作のための数理的基礎知識と科学的素養を身に付ける。
  2. 歴史、文化、社会への理解と技術的観点から考察する能力と技術を新しい生活につなぐ強い使命感、責任感、高い倫理観を身に付ける。
  3. 国内外の人々と対話をできるコミュニケーション力と論理的思考力を身に付ける。
  4. 基幹となる専門分野の基盤的な知識・技術と新たな知識・技術を習得する能力を身に付ける。

以上によって効果的な教育を行うため、共通科目と工学分野ごとの体系的専門知識を1年次から5年次まで段階的に修得し、専門と共通科目の知識の相互関連を意識できるよう学習をします。

なお、学修成果の評価は、各授業科目における達成目標の達成度に基づき、公正・厳格な成績評価を行い、ディプロマ・ポリシーに示す知識と能力の達成度を評価します。 

カリキュラム・ポリシー(教育理念)は、アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)及びディプロマ・ポリシー(学位授与方針)と深く関係しています。

大学院「カリキュラム・ポリシー」(教育課程編成・実施の方針)

大学院博士前期課程

教育理念に従って人材を育成するため、以下の観点から、教育課程を編成しています。

大学院博士前期課程は、学士の能力と工学の基礎知識・使命感の上に、高度な専門知識を身につけると同時に研究に取り組み、未来社会をつくりだす人材を育成します。

  1. 倫理的・社会的観点を含めて人間、文化、社会の諸課題について学び、技術的観点から理解・考察する能力を身につける。
  2. 数理的理解を基礎として、数理情報と工学の広い範囲の知識を学ぶ。
  3. 様々な人々との協働や実践的課題への取り組みを通してコミュニケーション力を修得する。
  4. 技術を社会で活用するための諸課題を理解し、また、研究実践を通じて課題解決へのアプローチについて学修する。
  5. プログラムの到達目標に応じて工学の高度な知識・技術を修得し、技術課題を発見、解決する能力を身につける。

学修内容

カリキュラム・ポリシーに対応する学修内容は次のとおりです。

生命・応用化学系プログラム、物理工学系プログラム、電気・機械工学系プログラム、情報工学系プログラム、社会工学系プログラム
  1. 人間・文化、倫理観を身につける科目を学修する。
  2. 工学専攻の全科目から数理情報の科目を含めて計画的に学修する。
  3. 研究課題遂行・成果発表を通じて議論等を行い、また、国内外の研究者の研究実践から学修する。
  4. 産業や経営に関する知識を学び、研究実践を通じて社会の中での研究の位置づけや影響について学修する。
  5. プログラムごとに以下を学修する。
    【生命・応用化学系プログラム】
    生命・応用化学分野の知識・技術を修得し、これらを用いて調和的物質社会の諸課題の解決法を計画・実践する。
    【物理工学系プログラム】
    物理工学分野の知識・技術を修得し、これらを用いて材料機能、エネルギー、計測・分析、シミュレーション等の諸課題の解決法を計画・実践する。
    【電気・機械工学系プログラム】
    電気・機械工学分野の知識・技術を修得し、これらを用いて生産・システム設計、福祉・医療、モビリティ等の諸課題の解決法を計画・実践する。
    【情報工学系プログラム】
    情報工学分野の知識・技術を修得し、これらを用いて情報の利活用やサービスの諸課題の解決法を計画・実践する。
    【社会工学系プログラム】
    社会工学分野の知識・技術を修得し、これらを用いて都市、居住空間、社会システム、自然環境のマネジメント、設計、保全等の諸課題の解決法を計画・実践する。
創造工学プログラム
  1. 人間・文化、倫理観を身につける科目を学修する。
  2. 工学専攻の全科目から数理情報の科目を含めて計画的に学修する。
  3. 研究課題遂行・成果発表を通じて議論等を行い、また、国内外の研究者の研究実践から学修する。さらに、国内外での研究プロジェクト参加によって学修する。
  4. 産業や経営に関する知識、研究遂行方法等を学修し、また他の学生との議論を通じて課題や成果の社会的位置づけに関する検討方法を修得する。
  5. 工学デザインに関する高度な知識・技術を学修し、これらを他の工学知識と統合して技術課題の解決や新たな価値や応用を計画・実践・改善する。
社会人イノベーションコース
  1. 人間・文化、倫理観を身につける科目を学修する。
  2. 工学専攻の全科目から数理情報の科目を含めて計画的に学修する。
  3. 研究課題遂行・成果発表を通じて議論等を行い、また、国内外の研究者の研究実践から学修する。さらに、技術事例を取り上げ、技術の実装や産業・環境等の側面から議論を行い、技術及びその活用に関する実践への考え方を学修する。
  4. 産業や経営に関する知識、研究遂行方法等を学修し、また他の学生との議論を通じて課題や成果の社会的位置づけに関する検討方法を修得する。
  5. 工学の活用に関する高度な知識・技術を学修し、これらを総合して技術的利用・課題解決について評価・改善する。

なお、学修成果の評価は、各授業科目における達成目標の達成度に基づき、公正・厳格な成績評価を行い、ディプロマ・ポリシーに示す知識と能力の達成度を評価します。修士論文又は特定の課題の研究成果に対しては、審査基準及び審査方法を明示し、それに基づき研究成果の審査及び試験を行い評価します。

大学院博士後期課程

教育理念に従って人材を育成するため、以下の観点から、教育課程を編成しています。

大学院博士後期課程は、修士の能力と工学の専門知識、技術革新への使命感の上に、優れて高度な専門知識を身につけると同時に研究に取り組み、未来社会をつくりだす人材を育成します。

  1. 我が国及び国際社会の課題を技術的側面から理解し,産業社会の将来像を展望できる能力を身につける。
    そのため、研究倫理において技術の果たすべき責任等を学習し、専門分野のセミナーを通じて、専門分野における課題を深く考察させる。
  2. 1つ以上の分野での深い専門知識と産業技術に関する幅広い関心・洞察力を身につける。
    そのため、専門分野の学術課題を深く追求させると同時に、国内外の先端的・実用的研究に触れさせる等、幅広い関心・洞察力を涵養する。
  3. 高い独創性と強い研究推進能力によってイノベーションを牽引する能力を身につける。
    そのため、独創的で有用な研究に取り組ませ、また企業実務者を含む多くの分野の研究者との議論に参加させる等、技術革新を牽引する能力を涵養する。

名古屋工業大学・ウーロンゴン大学国際連携情報学専攻

本専攻は技術革新への使命感、倫理観等の基本的態度及び情報学分野の専門知識と研究遂行能力を前提とし、その上で超スマート社会に資する研究に取り組み、未来社会をつくりだす人材を育成します。
そのため、次の3項目を基本ポリシー(カリキュラム・ポリシー)とします。

  1. 国際社会の課題を技術的側面から理解し、産業社会の将来像を展望できる能力を身につけること。
  2. 情報学分野での深い専門知識と超スマート社会実現に向けた技術に関する幅広い関心・洞察力を身につけさせること。
  3. 高い独創性と強い研究推進能力によってイノベーションを牽引する能力を身につけさせること。

名古屋工業大学大学院工学研究科(博士後期課程)共同ナノメディシン科学専攻

教育理念に従って人材を育成するため、以下の観点から、教育課程を編成しています。
大学院博士後期課程は、修士の能力と工学の専門知識、技術革新への使命感の上に、優れて高度な専門知識を身につけると同時に研究に取り組み、未来社会をつくりだす人材を育成します。

  1. 我が国及び国際社会の課題を技術的側面から理解し、産業社会の将来像を展望できる能力を身につける。
    そのため、研究倫理において技術の果たすべき責任等を学習し、専門分野のセミナーを通じて、専門分野における課題を深く考察させる。
  2. 1つ以上の分野での深い専門知識と産業技術に関する幅広い関心・洞察力を身につける。
    そのため、専門分野の学術課題を深く追求させると同時に、国内外の先端的・実用的研究に触れさせる等、幅広い関心・洞察力を涵養する。
  3. 高い独創性と強い研究推進能力によってイノベーションを牽引する能力を身につける。
    そのため、独創的で有用な研究に取り組ませ、また企業実務者を含む多くの分野の研究者との議論に参加させる等、技術革新を牽引する能力を涵養する。

なお、学修成果の評価は、各授業科目等における達成目標の達成度に基づき、公正・厳格な成績評価を行い、ディプロマ・ポリシーに示す知識と能力の達成度を評価します。博士論文の研究成果に対しては、審査基準及び審査方法を明示し、それに基づき研究成果の審査及び試験を行い評価します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)は、アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)及びディプロマ・ポリシー(卒業、修了認定・学位授与の方針)と深く関係しています。


ページトップへ