国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

就職・キャリア・学生生活

ホーム > 就職・キャリア・学生生活 > 名工大キャンパスニュース一覧 > 伊藤孝紀研究室の伊藤 誉さん、山本 雄一さん、鈴木 篤也さん、岩崎 翔太さんがソトノバアワード2019で一般投票賞(オーディエンス賞)を受賞しました。

伊藤孝紀研究室の伊藤 誉さん、山本 雄一さん、鈴木 篤也さん、岩崎 翔太さんがソトノバアワード2019で一般投票賞(オーディエンス賞)を受賞しました。

2020年02月21日掲載


受賞者

伊藤孝紀研究室

社会工学専攻 修士二年 伊藤 誉 山本 雄一
       修士一年 鈴木 篤也
社会工学科  学部四年 岩崎 翔太

受賞名

ソトノバアワード2019 一般投票賞(オーディエンス賞)

ソトノバアワード2019

表彰状.jpg

受賞の内容

「愛知県岡崎市康生通りパークレット社会実験」

 「ソトノバ・アワード2019」において、2019年10月8日~11月8日に伊藤孝紀研究室が株式会社まちづくり岡崎と連携しておこなった「愛知県岡崎市康生通りパークレット社会実験」が、一般投票賞(オーディエンス賞)を受賞致しました。

一次審査の提案書.png

今後の抱負

 康生通りの社会実験をプレゼンするという貴重な機会をいただき、審査員の方々と、全国の公共空間で試行錯誤しているプレイヤーの方々から示唆に富んだ様々な意見を頂戴致しました。それらの意見と、社会実験の調査結果、商店街や通りの人々の意見を踏まえて、康生通りのコンセプトである「みちのリビング」を実現するべく、道路再配分に向けてストリートデザインを作成していく所存です。

授賞式の様子.jpg

ページトップへ