国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

教員の受賞者情報

ホーム > 教員の受賞者情報 > 工学専攻(電気・機械工学領域)田中・湯川研究室のグループが日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門 分野融合研究優秀表彰 を受賞しました

工学専攻(電気・機械工学領域)田中・湯川研究室のグループが日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門 分野融合研究優秀表彰 を受賞しました

2024年07月03日掲載


日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門 分野融合研究優秀表彰

受賞団体
田中由浩 教授 の研究グループ(田中由浩 教授、湯川光 助教、梅村望 氏)
受賞の対象
「姿勢計測によるウェアラブル人工指における力推定の向上」 「協調作業の拡張を目指した複数の感覚運動情報共有デバイス」 「柔らかさを誘発する緩やかな曲面形状に関する基礎研究」
受賞者の関連サイト
NITech Haptics Lab(名古屋工業大学 触覚学研究室)

田中由浩 教授・湯川光助教 の研究室で実施する触覚に関する知覚原理やインタフェース開発に関する研究について、日本機械学会ROBOMECH 2023にて発表を行った下記の3件が、複数分野を融合した研究として評価され受賞しました。

・「姿勢計測によるウェアラブル人工指における力推定の向上」
  Oderdene Saranochir(名工大)、橋本雅俊、度会悦子、五十嵐崇訓(花王)、田中由浩(名工大)

・「協調作業の拡張を目指した複数の感覚運動情報共有デバイス」
  渡邉一真、湯川光(名工大)、南澤孝太(慶大KMD)、田中由浩(名工大)

・「柔らかさを誘発する緩やかな曲面形状に関する基礎研究」
  梅村望、田中由浩(名工大)

賞状(3人分).png




ページトップへ