国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

就職・キャリア・学生生活

ホーム > 就職・キャリア・学生生活 > 相談窓口 > 学生なんでも相談室

学生なんでも相談室

学生なんでも相談室のご紹介

大学生は、活動範囲が大きく広がり、それまで知らなかった世界に出会う時期です。新たな自分を発見すると同時に、さまざまな困難にも直面します。 学生生活で起きる問題は、複雑な要因が絡み合っているため、自分自身でも何が原因なのか、わからないことが多いです。

複雑な要因が絡み合って起きる問題には、従来の学生相談のように"こころだけを扱う支援"では対応が難しいことがあります。心理面の問題だけでなく、学習、生活、経済など、さまざまな問題を包括的に支援していくことが必要となります。

学生なんでも相談室は、学生生活上の問題をアセスメントし、教員相談員と学生センター職員、心理・福祉・リハビリテーションの専門家が多職種チームを形成して、学生のみなさんの学生生活をサポートしていきます。

また学生なんでも相談室は、保健センターや就職相談とも連携をしていますので、入学前から就職まできめ細かな支援が提供できます。

学生なんでも相談室を利用したいと思ったら・・・

相談は予約優先です。窓口・電話・メール相談で予約をしてください。学生についての相談であれば、ご家族や関係機関からの相談も可能です。相談内容等について、秘密は守られますので安心して相談してください。

いきる・ささえる相談窓口 QRコード
窓口設置場所 19号館1階 学生センター(⑤学生なんでも相談)
(ゆめ空間の隣にあります)
開室時間 月曜日~金曜日 8:40~17:10
(第二部学生対象に、授業期間中は21:00まで第二部事務室でも受付けます)
連絡先 学生センター(学生生活課)
052-735-5640(インテーカー)
19号館1階 窓口番号5番
052-735-5068(カウンセラー)
相談用メールフォーム メール相談コーナー

平日夜間や休日に緊急に相談したい、大学へ相談することに抵抗がある人へ

いきる・ささえる相談窓口 QRコード

学生なんでも相談室

教員相談部門

  • 学科教員による相談

こころのリスク・ケア部門

  • カウンセリング
  • ケースワーク
  • 復学支援
  • 居場所支援

障害学生支援部門

  • 入学前相談を含む障害に関する相談
  • 合理的配慮の受付、配慮案の調整
  • SST (Social Skills Training) 、個人作業療法、キャンパスサポート等による支援

※名古屋工業大学 学生なんでも相談室はIPW(InterProfessional Work:多職種連携支援)の考え方に基づき、運営されています


この情報は学生生活課が提供しています。

ページトップへ