国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

就職・キャリア・学生生活

保護者のみなさまへ

「もう、大学生になったし、子育てはひと段落した」とすべて本人任せになっていませんか?大学生は高校までのようにお世話をする“子育て”ではなく、社会で必要な力を育てる“大人育て”が求められる時期です。大学生は“プレ社会人”として、様々な社会経験を積みます。その経験は人生の礎となり、社会へ一歩踏み出すちからになります。保護者のみなさまには「社会人の先輩」として学生たちを支えていただきたいです。

大学生の不登校

大学は12年間(在学8年、休学4年)在籍できます。その時間をどう使うかは、学生の自由です。留学や起業など、自分の夢にチャレンジする学生もいます。一方で、自由をうまく活かすことができず、大学になじめなかったり、授業をさぼりがちになったりする学生も存在します。“問題があればすぐに連絡してほしい“とご希望される保護者の方がいらっしゃいますが、大学生は中高生とは違います。学生生活をどう過ごすかを、学生自身が決めていくことに意味があると考えます。

大学生の不登校は親に叱られたくらいで、出席できるようになるほど、簡単なものではありません。また、学生たちはご家族に不登校の事実を隠していることが多く、“親に知られる前に自分で解決したい”とも感じています。そのため相談室では、不登校学生を発見した場合、まず学生本人に状況の確認をしています。そして、困りごとがあれば、相談室に来談するように促します。学生の状況を把握し、必要に応じて保護者へ連絡をいたします。

学生生活が充実したものになるように、支援をすることが、相談室の役割であり、4年間で卒業することを保障することではありません。相談室では、学生の気持ちに寄り添い、自立を目指して、支援を行っていきます。

大学から不登校の連絡を受けたら・・・

学生本人の話をしっかり聞き、ご家族で話し合ってください。学生たちは「出席したけど、打刻をしなかった」「システムが壊れている」など“出席の記録がないだけ”と説明することがあります。疑いたくはありませんが、ご家族に心配をかけたくないための言い訳であることが多いです。

ご希望があれば、修学の状況や履修計画をご本人とご家族へ説明させていただくことも可能です。相談室にお問い合わせください。

出席状況が不安なとき・・・

学生なんでも相談室に問い合わせをいただくと、出席状況をお答えすることができます。相談室にお問い合わせください。

単位修得状況が不安なとき・・・

年度末(3月末から4月)に保護者のみなさま宛てに、成績表を送付しています。届かない場合、大学に登録されている住所が間違っていることが考えられます。登録は学生本人が行います。届かないときはまず登録住所をご確認ください。

就職活動が心配なとき・・・

学生なんでも相談室にご相談ください。本学はキャリアサポートオフィスや就職相談員を配置しております。就職活動の状況に応じて、適切な支援へご紹介させていただきます。


この情報は学生生活課が提供しています。

ページトップへ